千葉日本大学第一中学校・高等学校 SCHOOL GUIDE BOOK 2022
18/28

MIRAINAVI進路指導生活習慣を確立し、確かな基礎学力を身につける。それぞれの志望実現に向けたコース別のカリキュラムのもと、大学やその先の将来を見据えた進路指導を行います。中高一貫、高入生それぞれに、早い段階から具体的な将来設計を意識して、日々の学校生活の中で得た学びを振り返ることで、主体的に学ぶ力を育成し、主体性のある進路選択を行います。進路指導室のすゝめ 各大学の過去問題を集めている赤本・青本を充実させています。第一志望の大学については、誰もが自分で過去問題を手に入れますので、本校生徒が多く併願する大学の過去問題集を多く設置しています。もちろん、日本大学を志す生徒のために、一般選抜のみならず、内部進学するために必要な「基礎学力到達度テスト」の過去問題集も多数置いています。 オープンキャンパスの情報や本校の教科指導のプロが勧める「おススメ問題集」も設置しており、志望校を探す生徒だけでなく、学習に悩みを持つ生徒も進路指導室を訪れています。隣接する「自習室」とともに進路指導室をどんどん活用してください!“チバニチ”進路サポート宣言! 私たちは、生徒が単に大学に入れれば良いという考えを好みません。生徒が希望する進路実現に向けて最善の選択ができるよう、ともに調べ、ともに考え、互いに情報共有していきます。生徒が希望する進路実現は、大学入試の突破にとどまらず、その先にある人生を豊かなものにすることにあると考えます。したがって、目先のゴールではなく、長い視野を持った助言をすることを怠らないように努めています。 そのために、「進学指導」ではなく、キャリア教育を視野に入れた「進路指導」を、心を尽くして行います。 必要な時期に的確な進路指導ができるように、「進路希望調査」をもとに面談し、進路指導部からガイダンスを行っています。中学校では、平素から三点固定や自己マネジメントの土台作りを行っており、さらに中学3年生では高校の特進クラスを希望する生徒に向けた情報提供を行っています。 高校においては、高校入学後のガイダンス期間に「高1高校入学進路ガイダンス」を行い、どのような方針でどのくらい学習を行っていくか指針を示します。他にも、高校1年生の秋には「文理選択ガイダンス」、高校2年生の秋には「科目選択ガイダンス」や「日本大学学部説明会」、高校3年生の春から夏にかけては「日本大学付属推薦ガイダンス」「他大学併願戦略ガイダンス」「共通テスト出願ガイダンス」と、本校の進路指導ノウハウが詰まった手作りのガイダンスを準備しています。 保護者対象の「進学システムガイド」や中高生の誰もが参加できる「他大学説明会」「卒業生座談会」も用意しています。本校で一緒に皆さんの将来を見つけてみませんか?具体的なサポートシステムの例思考力・判断力・表現力知識・技能主体性・多様性・協働性君のミライ!=目指す大学!!進路指導において、最も重要視するのは自主的に進路を選択する「主体性」です。日々積み重ねる学力と、経験を通して身につける「思考力・表現力・判断力」を力にして、多様な進路を実現させます。17SUPPORT

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る